アコムで即日融資を受ける為に知っておきたい審査のこと

魅力的な旅行や商品を見るとお金を借りたい

旅行が大好きなのですが、魅力ある旅行パックが出た時にはお金を借りたいなと思います。なかなか旅行に行くのにもお金がかかるのですが、何度も行っているとさすがに余裕が無くなって行けなくなります。

 

 

 

でも、そんな時に限って魅力的な旅行パックが販売されることがあるのです。限定何名様というパックは、すぐに売れてしまいます。この機会を逃せば、なかなか行く機会も無くなります。そんな時にはお金を借りてまでも行きたいなと思うのです。

 

 

 

又、お金を借りたいと思う時は旅行先で魅力的な工芸品を見た時です。職人が丁寧に造り上げた作品はなかなか手に入りません。やはり、限定1個などと書かれていると、どうしても欲しくなってしまうのです。

 

 

 

そういった作品はかなり高く、何十万円もすることがあります。そんな時にはお金を借りてまでも実に欲しくなります。何十万円でもそれだけの価値があると思うのです。金沢や京都に行った時にはかなりお金が欲しいなと思いました。それだけ、その土地にはいい商品がたくさんありました。

 

キャッシングで帰りの電車代に当てた

お金を借りたいと思ったのはお財布を落としてしまった時です。1人旅をしていて観光地へと行った時、家族にお土産を買おうとしてはお財布をバックから出してお勘定をしようとしました。凄く混んでいるお店でしたので、押されるは急ぐはでお財布をどこかに置いて来たようなのです。

 

 

 

「あれっ!」と思った時には、もうレジの方は人がいっぱいで探しようがありませんでした。運よくそのお財布にはカードなどは入れていなかったので、現金の2万円がどこかに行ってしまいました。でも、その2万円が無いと、帰りの電車賃がありません。

 

 

 

そこで、コンビニに行き、ATMでお金を借りたのでした。本当にカードがあって良かったなと思いました。でなければ、お金も借りることができません。カードとお金は別にしておいて良かったと思いました。

 

 

 

そのカードでキャシングを度々しては、お金が足りない時に足しています。お金を落とした知人にもキャッシングして貸してあげたこともありました。とても便利だと思うキャッシングです。

 

まさか自分が消費者金融を利用することになるとは想像もしていませんでした

とても厳しい家庭に育ったので、ローンを組んだり借金をするのはとんでもないことだ!という教育を受けてきました。

 

私も実際、借金したりするのは悪いことだし、ローンを組まないと欲しいモノが購入できないというのは自分に解消がないからだという考えを持っていました。

 

だから自分が消費者金融でキャッシングすることになるなんて想像もしていませんでした。

 

25歳の時、生まれて初めての一人暮らしをしたんですが、今まで実家で光熱費も何も払わず、おんぶに抱っこ状態だったので、これくらい使ったら電気代や水道代がどれくらいかかるかということがわからず、お給料はあっという間になくなってしまいました。

 

それでも金銭感覚が実家にいた時から変化せず、洋服も靴も買いたいし友達や会社の人とも遊びたくて、消費者金融のアコムからキャッシングしました。

 

1度借りるとクセになるのか、返済のためにまたキャッシングしてしまい、最大4社の消費者金融からキャッシングしてしまいました。

 

増額のお話があれば増額してもらっていたので、借金の総額はどんどん増えて一時は400万円ほどに膨れ上がってしまいました。

 

これでは私の人生ダメになると思い、一人暮らしをやめて実家へ帰り、毎月少額の貯金をしながら給料の大半を借金返済にあてて、6年かけて完済しました。

 

とっても苦しかったので、もう二度と借金はしないと誓いました。